化粧品は肌質から選ぶ!が基本


基礎化粧品は、本当にいい肌を作り保つために非常に重要です。そのため、自分の肌質に合わない化粧水や美容液を使うと、逆に肌の調子を悪くしてしまいます。

肌質は、脂性のオイリー肌、かさかさになる乾燥肌、洗顔後何も手入れをしないで放置していると全体的に乾燥して突っ張るけれどTゾーンはテカってしまうという混合肌というのが、主な肌の悩みに分類されます。洗顔後に特に何もしなくても肌がしっとり馴染むのが理想的な状態ですが、年齢を重ねるとなかなかそうはいきません。

自分がどんな肌質なのかを確かめるのは、専門の機械を置いてあるお店でやってもらうほかに、顔を洗ったあと15分ほど放置して確かめるという方法があります。上記のどの状態になるかで肌質がわかりますから、あとはお店でそれに合った化粧品を探しましょう。どれがいいかわからない場合、決められない場合は、お店の人に相談してみるといいでしょう。

日々の基本的なスキンケアが、将来のアンチエイジングにも繋がります。化粧品選びは丁寧に行いましょう。

This entry was posted in スキンケアの基礎知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります